健康生姜生活とチューブの生姜

運動しない…筋肉がない…健康を崩しやすい…だから生姜です!

冷え性で体が寒さを感じているときは、健康を崩すかもしれない危険信号です。体が冷えていると免疫力が低下しがちですから、なるべくそうならないように努力していかなければなりませんね。特にあまり運動をしない人は筋肉が少なくて冷え性で悩みやすいですから、何かしらの対策を練っておかなければいけないでしょう。そこで、体を温めるための手っ取り早い食材として、私は生姜をオススメしたいです。

 

生姜は体を温めてくれる身近な食材として有名ですが、その効果はかなり高いと私は実感しています。牛丼や焼きそばに紅生姜を加えて食べたとき、どことなく体が温まった気がしないでしょうか?また、冬の寒い日に生姜湯を飲むと、体の芯から温まるような感覚になりますよね。

 

冬の寒い日などはエアコンやストーブやコタツなどの暖房器具によって、体を温めようとします。それはもちろん効果的なのですが、それだけではなくて食べる物や飲む物で体の内側から温めていくというのも、常に考えておいたほうが良いですね。そのほうが体は自然な温まり方をしますから気持ち良くなりますし、それでポカポカしてくればとても健康的です。

 

チューブの生姜なら豆腐や卵かけごはんやうどんにも問題なく合わせられますので万能ですし、体が冷え性で悩んでいるなら生姜を積極的に食べてみましょう。

チューブの生姜も工夫次第で冷え性改善の強い味方

私は身体のお腹部分と足先が冷えやすい体質です。なので冬場は腹巻と腰巻、それにスパッツとハイソックスが手放せません!冷え性が改善されるいい方法はないかな?と思っていたとき、テレビで生姜を食べると身体の内側から温まるのでいい!と知りました。また紅茶と一緒に採ると相乗効果でさらに効果がUPすると聞いて以来、チューブの生姜を紅茶に入れてお風呂で飲むようになりました。

 

正直味はそれほど美味しいものではありませんが、続けているうちに慣れてきましたし、お風呂で飲むと身体のポカポカプラス内側からのポカポカもあり、冬のお風呂上りでも湯冷めすることがなくなりました。また”蒸し生姜”もいいと聞いたので、自分で作ってお風呂に入る前に一かけ食べたりもしています。

 

まだ冬場に腰巻やハイソックスなしでも過ごせるようになった!というような効果はありませんが、冬の夜に布団に入っても足先が冷たくて眠れない!というようなことはなくなりましたし、何より風邪を引かなくなりました。内臓が冷えることがなくなったからかな?と自分では思っています。夏場も冷たいものを撮ることが多くなり身体の中が冷えやすいと聞いたので、これからの季節も毎日生姜紅茶をお風呂で飲んで、冷えを解消したいと思っています。